2008年06月04日

「Anya Hindmarch(アニヤ・ハインドマーチ)」のエコバッグ

2007年7月に、イギリスの大人気ブランドAnya Hindmarch(アニヤ・ハインドマーチ)のエコバッグが、東京の銀座で限定販売をしました。
ところが、あまりの人気に客が殺到してしまい、店側と客との間にトラブルなどの混乱が起きました。店側が、一度中止した販売を再び開始するなどして、ますます混乱が大きくなり、警官が出動するまでの騒ぎになりました。

このエコバッグは、天然素材のコットンで作られており、持ち手はロープ状でしっかりとしています。バッグには、大きく「I'm Not A Plastic Bag」(=私はレジ袋ではない。)と書かれています。レジ袋を削減するために、イギリスの女性デザイナーによってデザインされ、人気のモデルや女優などのセレブが愛用しているとして、世界的に人気が急上昇しています。ロンドンで先行販売された際は、1時間で2万個が完売し、ネットオークションでは定価2,100円の10倍以上という値がつきました。

このAnya Hindmarch(アニヤ・ハインドマーチ)のエコバッグは、世界各国で発売されていますが、それぞれの国によって限定色になっています。アメリカではネイビー、イギリスでは茶色で販売されました。日本では、緑仕様になっており、「I'm not A Plastic Bag」の文字とトリム部分が緑です。

数量限定のもの、希少価値のあるものには、やはり誰でも弱いもの。さらに、有名なセレブが愛用していることや、メディアにも取り上げられたことで、Anya Hindmarch(アニヤ・ハインドマーチ)のエコバッグは、異常な人気となったのでしょう。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。