2008年05月28日

「紀ノ国屋」のエコバッグ

紀ノ国屋のエコバッグが誕生したのは1995年です。その年の10月に、「マイバッグ キャンペーン」を東京都が実施したことに応じて、用意したのが始まりです。当初、このエコバッグは販売しておらず、スタンプを集めて交換していました。ところが、販売して欲しいというお客さんが多く、それに答えるかたちで、翌年の1996年から、紀ノ国屋オリジナルのショッピングバッグとして、販売が開始されたのです。

そして、現在では、さまざまなタイプのエコバッグが販売されています。
その中で、おすすめのバッグを紹介しましょう。

「サイクルショッピングバッグ(W=40cm×H=35cm 楕円型)」 は、縦長の形をしたバッグで、すっぽりと自転車のカゴに収まるように考えられています。自転車に乗らない時でも、ネギやゴボウ、大根などの長い野菜や、醤油や牛乳など、長い品物でも安定するのでとても便利です。長いものでなくても、内側の上部にマジックテープが付けられているので、外へ飛び出すこともありません。お値段は1,281円です。

また、コンパクトにたたむこともできて、携帯するのに便利です。ただ、「サイクルショッピングバッグ」 自体はあまり入らないので、たくさん買い物をするときは、大きめのバッグを別に持って行くとよいでしょう。

「スペシャルエコロジーバッグ(W=34cm×H=34cm×D=15cm)」は、お客さんの意見を取り入れて作られた、機能的に優れたバッグです。荷物をしっかりと支える底板と、牛乳やペットボトルなどが倒れるのを防ぐためにボトルホルダーが付いています。また、持ち手の長さが調節できるので、とても持ちやすく工夫されています。お値段は2,940円です。

紀ノ国屋のエコバッグやショッピングバッグは、ほかにもたくさんの種類があります。そのどれも、使いやすさを考えた機能になっています。



ラベル:紀ノ国屋
posted by c-tsubu at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀ノ国屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。